製造設備 « 天笠段ボール工業株式会社

工場設備

製造設備

段ボールは、梱包資材などとして使用・再加工される板状の紙製品です。主に、その軽さ、強度および利便性から、木箱などにとって代わる輸送容器として使用されています。そのため、内容製品・商品の安全性を確保することが必要最低条件になります。

そのためには、素材、設計、製造技術および印刷加工などの製造段階から納品までの一貫した品質管理が重要です。

弊社では日頃から製造設備の管理、運用、メンテナンスを徹底して、日々高品質な段ボール製品の安定した供給体制を目指しています。

印刷機

プリスロ・フォルダーグルアー(PSDFG)

機械名称プリスロ・フォルダーグルアー(PSDFG)
台数1台
最大シート寸法(巾×流れ)1500 × 3150 ㎜
最小シート寸法(巾×流れ)280 × 600 ㎜

ジャンボ・プリスロ(JPSD)

機械名称ジャンボ・プリスロ(JPSD)
台数1台
最大シート寸法(巾×流れ)2000 × 3600 ㎜
最小シート寸法(巾×流れ)420 × 700 ㎜

打抜機

機械名称トムソン式打抜機
台数1台
最大シート寸法(巾×流れ)1200 × 1790 ㎜
最小シート寸法(巾×流れ)450 × 750 ㎜

接合機

ツーピースグルアー

機械名称ツーピースグルアー
台数1台
最大シート寸法(巾×流れ)1800 × 3400 ㎜
機械名称セミオートグルアー
台数1台
最大シート寸法(巾×流れ)1720 × 3300 ㎜
最小シート寸法(巾×流れ)350 × 1120 ㎜
機械名称ワンタッチグルアー
台数1台
最大シート寸法(巾×流れ)900 × 1600 ㎜
最小シート寸法(巾×流れ)400 × 600 ㎜
機械名称オートステッチャー
台数1台
最大シート寸法(巾×流れ)1800 × 4000 ㎜
最小シート寸法(巾×流れ)550 × 600 ㎜

 
Copyright (c) 2018 Amagasa Co., Ltd. All Rights Reserved.  Web Produce by soundboard.